「かわらかべ」は、適度な調湿性と断熱性をもつ安定性の高い左官仕上げ材です。土から生まれた自然素材だから、人や環境に無害で安心してご利用いただけます。

Eco瓦トップかわらかべ
かわらかべ

蘇える土の記憶
瓦は、雨や風、日射など自然界の過酷な状況から建物を守る優秀な建材です。
瓦の強さをそのままに、塗り壁材の骨材として使用したものが「かわらかべ(R)」です。適度な調湿性と断熱性をもち、ひびが入りにくい安定性の高い左官仕上げ剤です。
土の呼吸を感じて思わず触れてしまう、そんな素材感があります。土から生まれた自然素材。だから人や環境に無害です。

1. 特徴

・瓦は土を約1100℃~1300℃で焼き固めた、丈夫な建材です。瓦骨材には調湿性があり、室内環境を整えます。
・熱伝導率が小さく断熱性や結露防止に優れています。
・耐摩擦性に優れており、傷が付きにくい左官仕上げ材です。 ・人体や環境に無害な自然素材です。

2. 仕上げ

・左官の伝統技術を生かし、様々な表情を創出できる土壁材です。
・藁スサを加えることによって、和紙のような雰囲気に仕上がります。
・表面を書き落としたりふき取ることにより、瓦の釉薬部分が現れ釉薬瓦独特の表情が得られます。
・民家の土壁を思わせる落ち着きのある和の空間づくりにはもちろん、土という無国籍な素材感で多様な演出ができます。

3. 主成分

粉砕瓦、陶土、粉末ポリマー、無機顔料

4. 注意事項

・+3℃~+35℃の間で施工してください。
・施工後0℃以下になる恐れがある場合には施工を避けてください。
・冬季に凍結中又は解氷中の塗下地には施工できません。
・強風、雨天時には施工できません。
・急激な感想は避けてください。
・平滑で均一な下地を作ることが大切です。
・本品は天然土が主原料ですので、ロットによる多少の色の違いはご容赦ください。

輪島市地元材の家づくり推進協議会モデル住宅

※右写真:輪島市地元材の家づくり推進協議会モデル住宅
輪島市 設計:高木信治建築研究所

かわらべ使用例1 かわらべ使用例2

5. 吸放湿データ

測定条件:
湿度25℃で相対湿度90%に24時間放置した状態
湿度25℃で相対湿度60%に24時間放置した状態
試験体サイズ0.00785㎡

吸放湿データ

6. 基準色

「かわらかべ(R)」は日本の伝統色より、基準色・全9色を用意しております。下の印刷色をご参考にお考えいただき、実際の色は塗り見本でご確認ください。

亜麻色(あまいろ) 燻色(いぶしいろ) 黄橡(きつるばみ) 胡桃色(くるみいろ) 洗朱(あらいしゅ)
亜麻色(あまいろ) 燻色(いぶしいろ) 黄橡(きつるばみ) 胡桃色(くるみいろ) 洗朱(あらいしゅ)
杏子色(あんずいろ) 丁子茶色(ちょうじちゃいろ 香炉(こういろ) 駱駝色(らくだいろ)
杏子色(あんずいろ) 丁子茶色(ちょうじちゃいろ) 香炉(こういろ) 駱駝色(らくだいろ)

7. 各種仕上げパターン

こて押え 筋引き かき落とし 刷毛引き(藁入り)
こて押え 筋引き かき落とし 刷毛引き(藁入り)

【 施工例 】

施工例1 施工例2 施工例3 施工例4
施工例5 施工例6 施工例7 施工例8
施工例9 施工例10 施工例11
瓦骨材利用透水性舗装 K-Ground C 瓦骨材利用保水性舗装 K-Ground Co
▲自然に優しい地下浸透型舗装としてリサイクル ▲保水性に優れた舗装材
瓦骨材利用透水性樹脂舗装 K-Ground R 瓦骨材利用薄舗装 K-Ground Cort
▲瓦骨材専用の特殊樹脂を使用した景観性の高い樹脂舗装材 ▲見た目の鮮やかなコミニュニティー道路へと変化
SLATE MAX スレートマックス
▲ 業界初!!最も環境に優しいと言える、遮熱ハイブリット塗料
かわらかべ
▲『かわらべ(R)』は素朴であたたかい土の魅力を引き出した、左官仕上げ材

お問い合わせはこちら