NEWS

2022年03月29日
Eco Kawara NEWS

テラゾタイルはEco Kawaraがこれまで企業課題として掲げてきたSDGsを可能にするリサイクル建材となります。Eco Kawaraは「震災や老朽化で廃棄処分となった地域の瓦・煉瓦・陶磁器・硝子・瓶などを活かして震災復興や地産地消や地方創生に貢献したい」という想いから、被災した熊本城瓦や台風で廃棄された千葉県の瓦を歩道や道路に利用できる瓦舗装やリサイクル舗装、また室内の外壁材や床材としてマテリアルリサイクルしてきました。日々生活の中で廃棄される瓦や硝子や陶磁器などの産業廃棄物の特性を活かして、サスティナブルデザインを実現する製品を開発。3Rとエシカル消費の促進を掲げて、地産地消や地方創生や地域活性化を目指して、循環型社会の構築やSDGs実現に取り組んでいます。

Eco Kawaraのテラゾーは、震災や老朽化などで廃棄処分となった瓦・天然石・陶磁器・レンガ・石畳・石灯篭・煉瓦などを破砕し、道路や歩道および外構に使用できる瓦舗装材やリサイクル舗装材、ならびに室内で使用できる壁材、床材としてリサイクルしています。SDGsの「9:産業と技術革新の基盤をつくろう」「目標11:住み続けられるまちづくりを」「12:つくる責任 つかう責任」「13:気候変動に具体的な対策を」に取り組むことで、様々な建築家や設計事務所から高い評価をいただいています。

産業廃棄物は廃瓦・硝子・煉瓦・陶磁器など、全国各地に年間数百万t単位で廃棄されます。それをEco Kawara テラゾーに混ぜることによって、様々な模様を創り出すことができ、リサイクルやSDGs実現に向けた製品に作り変えることができます。また福島産や徳島産など、地元で発掘された天然石を使用することで地産地消を実現することも可能ですし、サイズやカラーに指定が無いのでSDGs推進に有効なリサイクル製品となります。

Phone

お電話でのお問い合わせ 0120-13-4010 受付時間:平日9:00~18:00