NEWS

2021年06月29日
メディア掲載情報

2020年4月に竣工された「秦野の家」の外構・床部分に使用されたEco Kawaraテラゾー 研磨ショットブラスト製品が、「アーキテクチャーフォト」に紹介されました。こちらの建物は設計・監理がDAN設計室 中村創氏。施工監修が堀尾建築 堀尾政司氏。Eco Kawaraテラゾー 研磨ショットブラストの施工面積は45㎡となります。

中村創 / DAN設計室による、神奈川の、既存戸建て住宅の改修「秦野の家」

©︎Masaki Hamada (kkpo)

Eco Kawaraは「歴史的建造物の瓦や大事なお家の瓦を破棄するのではなく、新たな姿に生まれ変わらせ人々の心に残る製品にしたい」「当社技術を活かしたふるさと資源(震災で廃棄処分となった地域の瓦・陶磁器・煉瓦などのこと)という理念のもと、震災復興や地方創生や地域活性化に貢献したい」という想いから、各地域で産出される、ふるさと資源をその土地のために活かして、地方創生や地域共創、SDGsやエシカル消費を推進しています。

またEco Kawaraは廃瓦を破砕し道路や歩道および外構に使用できる瓦舗装材やリサイクル舗装、ならびに室内で使用できる壁材・床材として、ヒートアイランド対策に有効な製品を開発してきました。ヒートアイランド現象の解決が地球温暖化対策にも貢献できるものと認識し、「地球の環境を守り持続可能な社会へ」というVisionのもと「未来の子供たちのために地球環境に優しいまちづくりを目指して」。常にグローバルな視点に立ち真撃に社会貢献していく一助となるよう、これからも製品開発を進めてまいります。


Phone

お電話でのお問い合わせ 0120-13-4010 受付時間:平日9:00~18:00